entrance door

太刀岡勇気(たちおかゆうき)のホームページ

Homepage of Yuuki Tachioka

[English]


プロフィール



研究テーマ
 人々のコミュニケーション構造を明らかするために、以下の3つの観点から研究を行っている。

1. 室内音場解析に関する研究(2006-)
2. 音声認識・強調に関する研究(2008-)
3. 中古日記文学の計量国語学的分析(2011-)

 人々が互いの意思を伝えあう手段には、パロール(話し言葉)とエクリチュール(書き言葉)によるものがある。 パロールによるコミュニケーションでは、お互いに場を共有している必要がある。 そして場はパロールに多大な影響を及ぼす。 例えば、場の違いによって話しやすさが異なることは、普段我々がよく経験することである。 そこで、適切な場の設定を考えるために1.の建築音響的な観点から場(空間)の特性を解析する研究をしている。 建築的要素は場に支配的な影響を与えるためである。 環境工学的視点からは、光や熱が最も影響が大きいが、音もコミュニケーションのしやすさに与える影響は大きい。 響きすぎる環境(残響)や騒音によって、お互いの話が聞き取りにくく感じた経験は多くの人が持っているだろう。 数値シミュレーションにより場の特性を解析できれば、適切な場の検討を進めることができる。
 解析ができたとして、どのような環境が聞き取りやすいかを考えるには機械に認識させるのがよい。 このために2.では機械による音声認識の検討を行っている。 人は様々なトップダウンの知識によって、聞き取れなかった部分を補っているので、環境と聞き取りやすさの関係を考えるのに人による主観実験を行うことは必ずしも望ましくない。 残響・騒音の環境が全く同じ環境でも日本語と外国語では聞き取りの難易度が異なる(外国語の方が聞き取りにくい)ことは、よく経験されるだろう。 機械による音声認識は人のそれと比べて脆弱なので(トップダウン知識が少ないので)、環境と認識率の関係をより直接的に評価することが可能である。 また残響や騒音によりひずんだ音声を回復する手法を検討することで、人々のコミュニケーションをより円滑化することにも役立てられる可能性がある。
 更に、場を共有しない人々の間のコミュニケーションを考えるためには、エクリチュールの観点からの検討が欠かせない。 そこで3.の文学作品における言語学的検討を行っている。 ここでは中古の作家のエクリチュールが時代を経るごとにいかに変容したか、そこにはどのような特性があったかを考えている。

研究業績

学位論文
[abst, dissertation] Robust speech recognition under reverberant and noisy environments (残響及び騒音のある環境下で頑健な音声認識), 東京工業大学, 2017.
[abst, thesis] CIP法による時間領域音場解析に関する研究, 東京大学大学院新領域創成科学研究科, 2007.
[thesis] 中古日記文学の計量国語学的検討 −『和泉式部日記』『更級日記』を題材に−, 日本大学通信教育部文理学部, 2013.
[abst, thesis] 拡散係数を導入した幾何音響シミュレーションに関する検討 − 非拡散音場の残響時間の予測 −, 東京大学工学部建築学科, 2005.

学術誌論文
[A17] 浦本 昂伸, 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 三浦 伊織, 上ノ原 進吾, 古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解を用いたブラインド音源分離のためのチャネル数増加に伴う逐次的初期化法, 電子情報通信学会論文誌D vol.J101-D no.3, pp.569-577, 2018. 3.
[A16] 金川 裕紀,太刀岡 勇気,渡部 晋治,石井 純: 音声認識のための回帰木に基づく複数の変換行列の重み付けによる特徴量空間の適応, 情報処理学会論文誌 vol.58 no.9, pp.1555-1564, 2017. 9.
[A15] Y. Tachioka, S. Watanabe, J. Le Roux, and J. R. Hershey: Prior-based binary masking and discriminative methods for reverberant and noisy speech recognition using distant stereo microphones, Journal of Information Processing vol.25 no.6, pp.407-416, 2017. 6.
[A14] Y. Tachioka and T. Narita: Template-based method for compensation of time difference of arrival in passive sound source localization under reverberant and noisy environments, Journal of Signal Processing vol.21 no.2, pp.73-79, 2017. 3.
[A13] 三浦 伊織, 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純, 吉山 文教, 上ノ原 進吾, 古家 賢一: マルチチャネルNMFを用いた音源分離における初期値依存性の挙動解析と音声認識での評価, 電子情報通信学会論文誌D vol.J100-D no.3, pp.376-384, 2017. 3.
[A12] Y. Tachioka and J. Ishii: Long short-term memory recurrent-neural-network-based bandwidth extension for automatic speech recognition, Acoustical Science & Technology vol.37 no.6, pp.319-321, 2016. 11.
[A11] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, ルルー ジョナトン, ハーシー ジョン: 低ランクDNN音響モデルの騒音下音声認識での評価と系列の識別学習, 情報処理学会論文誌 vol.57 no.3, pp.1080-1088, 2016. 3.
[A10] Y. Tachioka, T. Narita, and S. Watanabe: Effectiveness of dereverberation, feature transformation, discriminative training methods, and system combination approach for various reverberant environments, EURASIP Journal on Advances in Signal Processing, 2015:52 doi:10.1186/s13634-015-0241-y, 2015. 6.
[A09] Y. Tachioka, T. Narita, and J. Ishii: Semi-blind source separation using binary masking and independent vector analysis, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering vol.10 no.1, pp.114-115, 2015. 1.
[A08] Y. Tachioka, T. Narita, and J. Ishii: Estimation of speech recognition performance for clipped speech based on objective measures, Acoustical Science & Technology vol.35 no.6, pp.324-326, 2014. 11.
[A07] 太刀岡 勇気: 中古日記文学の計量国語学的分析と異本間の関係性の客観分析 −『和泉式部日記』と『更級日記』を題材に−, 計量国語学 vol.29 no.6, pp.180-203, 2014. 9.
[A06] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 成田 知宏, 石井 純: 音声と騒音の密度比推定を用いた音声区間検出法, 電気学会論文誌C (電子・情報・システム部門誌) vol.133 no.8, pp.1549-1555, 2013. 8.
[A05] Y. Tachioka, T. Hirano, and J. Ishii: Elimination of artifacts on aperture synthesis images using ultrasonic sensor's directivity and the ratio of intensity, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering vol.8 no.4, pp.424-425, 2013. 7.
[A04] Y. Tachioka, T. Hanazawa, and T. Iwasaki: Dereverberation method with reverberation time estimation using floored ratio of spectral subtraction, Acoustical Science & Technology vol.34 no.3, pp.212-215, 2013. 5.
[A03] Y. Tachioka: Boundary condition for finite-difference time-domain method using digital filters and efficient design of filter coefficients using equivalent mechanical system, Acoustical Science & Technology vol.33 no.5, pp.329-331, 2012. 9.
[A02] Y. Tachioka, T. Narita, and T. Iwasaki: Direction of arrival estimation by cross-power spectrum phase analysis using prior distributions and voice activity detection information, Acoustical Science & Technology vol.33 no.1, pp.68-71, 2012. 1.
[A01] Y. Tachioka, Y. Yasuda, and T. Sakuma: Application of the constrained interpolation profile method to room acoustic problems--Examination of boundary modeling and spatial/time discretization, Acoustical Science & Technology vol.33 no.1, pp.21-32, 2012. 1.

国際会議
[B23] Y. Tachioka: DNN-based voice activity detection using auxiliary speech models in noisy environments, The 43th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), Calgary, pp.5529-5533, 2018. 4.[査読有(1406/2830; 49.7%)]
[B22] T. Uramoto, Y. Tachioka, T. Narita, I. Miura, S. Uenohara, K. Furuya: Sequential initialization of multichannel nonnegative matrix factorization for sound source separation, IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017), DOI: 10.1109/GCCE.2017.8229207, 2017. 10.[査読有]
[B21] Y. Tachioka, T. Narita, I. Miura, T. Uramoto, N. Monta, S. Uenohara, K. Furuya, S. Watanabe, and J. Le Roux: Coupled initialization of multi-channel non-negative matrix factorization based on spatial and spectral information, The 18th Annual Conference of the International Speech Communication Association (INTERSPEECH), Stockholm, pp.2461-2465, 2017. 8.[査読有(799/1582; 52%)]
[B20] Y. Tachioka and T. Narita: Optimal automatic speech recognition system selection for noisy environments, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference, Jeju, pp.1-8, 2016. 12.[査読有(78%)]
[B19] I. Miura, Y. Tachioka, T. Narita, J. Ishii, F. Yoshiyama, S. Uenohara, and K. Furuya: Multi-channel non-negative matrix factorization with binary mask initialization for automatic speech recognition, 5th Joint Meeting ASA/ASJ, Honolulu, 2016. 12.
[B18] Y. Tachioka, S. Watanabe, and T. Hori: The MELCO/MERL system combination approach for the fourth CHiME challenge, The fourth CHiME challenge workshop, San Francisco, pp.1-3, 2016. 9.
[B17] H. Kanagawa, Y. Tachioka, S. Watanabe, and Jun Ishii: Feature-space structural MAPLR with regression tree-based multiple transformation matrices for DNN, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference, Shanghai, pp.86-92, 2015. 12.[査読有(69%)]
[B16] Y. Tachioka and S. Watanabe: Uncertainty training and decoding methods of deep neural networks based on stochastic representation of enhanced features, The 16th Annual Conference of the International Speech Communication Association (INTERSPEECH), Dresden, pp.3541-3545, 2015. 9.[査読有(746/1458; 51%)]
[B15] Y. Tachioka and S. Watanabe: Discriminative method for recurrent neural network language models, The 40th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), Brisbane, pp.5386-5390, 2015. 4.[査読有(1207/2322; 52%)]
[B14] Y. Tachioka, S. Watanabe, J. Le Roux, and J. R. Hershey: Sequential discriminative training for low-rank deep neural network, The 2nd IEEE Global Conference on Signal and Information Processing (GlobalSIP), Atlanta, pp.735-739, 2014. 12.[査読有]
[B13] Y. Tachioka, S. Watanabe, J. Le Roux, and J. R. Hershey: Sequential maximum mutual information linear discriminant analysis for speech recognition, The 15th Annual Conference of the International Speech Communication Association (INTERSPEECH), Singapore, pp.2415-2419, 2014. 9.[査読有(614/1173; 52%)]
[B12] Y. Tachioka, T. Narita, S. Watanabe, and J. Le Roux: Ensemble integration of calibrated speaker localization and statistical speech detection, The 4th workshop on Hands-free Speech Communication and Microphone Array (HSCMA), Nancy, ID 1569901761 pp.1-5, 2014. 5.[査読有(41/55)]
[B11] Y. Tachioka, T. Narita, S. Watanabe, and F. Weninger: Dual system combination approach for various reverberant environments, REVERB challenge, Florence, ID 1569886337 pp.1-8, 2014. 5.[査読有]
[B10] F. Weninger, S. Watanabe, J. Le Roux, J. Hershey, Y. Tachioka, J. T Geiger, B. W Schuller, and G. Rigoll: The MERL/MELCO/TUM system using deep recurrent neural network speech enhancement, REVERB challenge, Florence, ID 1569884459 pp.1-8, 2014. 5.[査読有]
[B09] F. Weninger, S. Watanabe, Y. Tachioka, and B. Schuller: Deep recurrent de-noising auto-encoder and blind de-reverberation for reverberated speech recognition, The 39th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), Florence, pp.4656-4660, 2014. 5.[査読有(1709/3500)]
[B08] Y. Tachioka, S. Watanabe, J. Le Roux, and J. R. Hershey: A generalized framework of discriminative training for system combination, Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop (ASRU), Olomouc, pp.43-48, 2013. 12.[査読有(46.5%)]
[B07] Y. Tachioka, T. Narita, T. Hanazawa, and J. Ishii: Voice activity detection based on density ratio estimation and system combination, Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) Annual Summit and Conference, Kaohsiung, pp.1-4, 2013. 11.[査読有]
[B06] Y. Tachioka: Objective measurement of variants in classical literature, The International Conference on Culture and Computing, Kyoto, pp.202-203, 2013. 9.[査読有]
[B05] Y. Tachioka and S. Watanabe: Discriminative training of acoustic models for system combination, The 14th Annual Conference of the International Speech Communication Association (INTERSPEECH), Lyon, pp.2355-2359, 2013. 8.[査読有(52%)]
[B04] Y. Tachioka: Optimal design of sound reflectors by particle swarm optimization, The 21st International Congress on Acoustics (ICA), Montreal, pp.1-9, 2013. 6.
[B03] Y. Tachioka, S. Watanabe, J. Le Roux, and J. R. Hershey: Discriminative methods for noise robust speech recognition: A CHiME Challenge Benchmark, The 2nd International Workshop on Machine Listening in Multisource Environments, Vancouver, pp.19-24, 2013. 6. [査読有]
[B02] Y. Tachioka, S. Watanabe, and J. R. Hershey: Effectiveness of discriminative training and feature transformation for reverberated and noisy speech, The 38th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), Vancouver, pp.6935-6939, 2013. 5. [査読有(1794/3391)]
[B01] T. Sakuma, Y. Kosaka and Y. Tachioka: Numerical determination of scattering coefficients of wall surfaces for geometrical room acoustic simulation, 4th Joint Meet. ASA/ASJ, Honolulu, J. Acoust. Soc. Am. Vol.120, pp.2998, 2006. [招待]

国内会議
[C46] 太刀岡 勇気: MUSICを利用したマルチチャンネルNMFのパーミュテーション評価, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 大分大, pp.-, 2018. 9.
[C45] 太刀岡 勇気, 安倍 満: 整数基底分解法と量子化による音響モデルの圧縮, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 日本工業大, pp.1501-1504, 2018. 3.

[C44] 浦本 昂伸,太刀岡 勇気,成田 知宏,三浦 伊織,上ノ原 進吾,古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解における階層的クラスタ分析を用いた初期値設定法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 愛媛大, pp.569-572, 2017. 9.
[C43] 三浦 伊織,太刀岡 勇気,成田 知宏,上ノ原 進吾,古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解に対する非負二重SVDを用いた初期値設定法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 愛媛大, pp.529-532, 2017. 9.
[C42] 太刀岡 勇気: 補助音声モデルを用いたDNNによる音声区間検出法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 愛媛大, pp.3-6, 2017. 9.
[C41] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治,ルルー ジョナトン,ハーシー ジョン: DNNの低ランク近似と識別学習の組み合わせ法, 電子情報通信学会総合大会, 名城大学(天白), p.143, 2017. 3.
[C40] 三浦 伊織,太刀岡 勇気,成田 知宏,上ノ原 進吾,古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解の初期値設定における空間相関行列推定法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 明治大(生田), pp.567-570, 2017. 3.
[C39] 浦本 昂伸,太刀岡 勇気,成田 知宏,三浦 伊織,上ノ原 進吾,古家 賢一: マルチチャネルNMFにおけるチャネル数増加に伴う逐次的初期値設定法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 明治大(生田), pp.535-538, 2017. 3.
[C38] 金川 裕紀,太刀岡 勇気,成田 知宏: ドメイン選択による複数音声認識システムの効果的活用法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 明治大(生田), pp.25-28, 2017. 3.
[C37] 太刀岡 勇気,成田 知宏: 話者行列の重みづけによる少量適応発話におけるDNNの話者適応法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 明治大(生田), pp.1-4, 2017. 3.

[C36] 金川 裕紀,太刀岡 勇気,成田 知宏: 基底fMLLRのための効率的な基底選択, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 富山大, pp.35-38, 2016. 9.
[C35] 太刀岡 勇気,渡部 晋治: 強調音声の効率的サンプリングによるDNNの不確定性学習とデコード法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 富山大, pp.27-30, 2016. 9.
[C34] 三浦 伊織,太刀岡 勇気,成田 知宏,石井 純,吉山 文教,上ノ原 進吾,古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解におけるバイナリマスクを用いた初期値設定法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 富山大, pp.425-428, 2016. 9.
[C33] 太刀岡 勇気, 石井 純: 音声認識のためのLSTM-RNNを用いた帯域拡張, 電子情報通信学会総合大会, 九大(伊都キャンパス), p.122, 2016. 3.
[C32] 金川 裕紀, 太刀岡 勇気, 石井 純:事前情報を利用した基底fMLLRのための重み係数推定法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 桐蔭横浜大, pp.41-42, 2016. 3.
[C31] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治,ルルー ジョナトン,ハーシー ジョン: 音声認識のための線形判別分析の系列相互情報量最大化識別学習, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 桐蔭横浜大, pp.37-40, 2016. 3.
[C30] 三浦 伊織, 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純, 吉山 文教, 上ノ原 進吾, 古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解における初期値依存性の挙動解析, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 桐蔭横浜大, pp.669-672, 2016. 3.

[C29] 金川 裕紀,太刀岡 勇気,渡部 晋治,石井 純: DNN のための複数変換行列を用いた特徴量空間の適応法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 会津大, pp.53-56, 2015. 9.
[C28] 太刀岡 勇気,渡部 晋治: リカレントニューラルネットワーク言語モデルの識別学習, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 会津大, pp.13-16, 2015. 9.
[C27] 金川 裕紀, 太刀岡 勇気, 石井 純: 回帰木に基づくCMLLR 変換行列の特徴量への適用法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 中央大(後楽園), pp.13-14, 2015. 3.
[C26] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 渡部 晋治, Jonathan Le Roux: 家庭環境における補正音源定位と統計的音声区間検出の統合 −DIRHA コーパスの利用−, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 中央大(後楽園), pp.591-594, 2015. 3.
[C25] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純: 独立ベクトル分析のリアルタイム化, 電子情報通信学会総合大会, 立命館大(びわこ・くさつキャンパス), p.94, 2015. 3.

[C24] 太刀岡 勇気: Particle Swarm Optimizationによる音響反射板の最適設計, 日本建築学会大会学術講演梗概集(環境工学I), 神戸大, pp.255-256, 2014. 9.
[C23] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 渡部 晋治, Felix Weninger: 残響環境下音声認識に対する残響除去とシステム統合手法の有効性 REVERB チャレンジ, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 北海学園大, pp.19-22, 2014. 9.
[C22] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, Jonathan Le Roux, John R. Hershey: 音声認識システムの統合を目的とした識別学習の枠組み, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 北海学園大, pp.3-6, 2014. 9.
[C21] 太刀岡 勇気: 結婚情報サービス利用者における上方婚、下方婚, 数理社会学会, 日本女子体育大学, 2014. 8.
[C20] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純: 2値マスクと独立ベクトル分析を併用したセミブラインド音源分離, 電子情報通信学会総合大会, 新潟大, p.61, 2014. 3.
[C19] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, Jonathan Le Roux, John R. Hershey: システム統合のための音響モデルの相互情報量最大化識別学習, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 日大(理工), pp.35-38, 2014. 3.

[C18] 太刀岡 勇気: 古典文学における異本間の関係性の客観分析 −『和泉式部日記』『更級日記』を題材に−, 計量国語学会講演論文集[査読有], 首都大学東京(秋葉原サテライトキャンパス), pp.37-42, 2013. 9.
[C17] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, Jonathan Le Roux, John R. Hershey: 騒音環境に対する識別的アプローチの有効性: 第2回CHiMEチャレンジ, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 豊橋技科大, pp.1-4, 2013. 9.
[C16] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純: クリップした音声の音声認識, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 東京工科大(八王子), pp.13-14, 2013. 3.

[C15] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純: 音源距離推定方式の比較検討とコスト関数の一般化, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 信州大, pp.90-93, 2012. 9.
[C14] 太刀岡 勇気, 新山 摩梨花, 平野 敬, 石井 純: 超音波センサの指向性と強度比を利用した開口合成画像からの虚像除去, 電子情報通信学会総合大会, 岡山大, p.201, 2012. 3.
[C13] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 成田 知宏, 石井 純: 音声と騒音の密度比推定を用いた音声区間検出法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 神奈川大(横浜), pp.9-12, 2012. 3.

[C12] 太刀岡 勇気, 堀井 昭男, 岩崎 知弘, 斉藤 辰彦, 能勢 隆, 小林 隆夫: 音声合成を用いた音声認識性能予測 − 残響と騒音が存在する環境での評価 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 島根大, pp.9-10, 2011. 9.
[C11] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 岩崎 知弘: 事前分布を用いたCSP法による到来音方向推定, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 早大, pp.661-664, 2011. 3.

[C10] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 岩崎 知弘: 残響と騒音が存在する環境で最適な音響モデルの作成法, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 関大, pp.17-20, 2010. 9.
[C09] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 岩崎 知弘: 拡散音場理論に基づく残響環境下音声認識の検討 − 騒音環境下での評価 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 電通大, pp.17-20, 2010. 3.

[C08] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 岩崎 知弘: 拡散音場理論に基づく残響環境下音声認識の検討, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 日大(郡山), pp.35-38, 2009. 9.

[C07] 太刀岡 勇気, 安田 洋介, 佐久間 哲哉: CIP法による時間領域音場解析 − 多孔質材の吸音境界条件の検討 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 千葉工大, pp.1081-1084, 2008. 3.
[C06] 太刀岡 勇気, 安田 洋介, 佐久間 哲哉: CIP法による時間領域音場解析 − 空間離散化幅の検討および任意形状への対応 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 千葉工大, pp.1077-1080, 2008. 3.

[C05] 太刀岡 勇気, 安田 洋介, 佐久間 哲哉: CIP法による時間領域音場解析 − FDTD法との比較 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 山梨大, pp.979-982, 2007. 9.
[C04] 太刀岡 勇気, 安田 洋介, 佐久間 哲哉: 局所作用を仮定した垂直入射吸音率と残響室吸音率の関係 − FDTD法による残響室の数値解析 −, 日本建築学会大会学術講演梗概集(環境工学I), 福岡大, pp.271-272, 2007. 8.

[C03] 太刀岡 勇気, 佐久間 哲哉: 拡散係数を導入した幾何音響シミュレーションに関する検討 − シューボックス型ホールにおける拡散壁の影響 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 金沢大, pp.769-770, 2006. 9.
[C02] 佐久間 哲哉, 小坂 慶之, 太刀岡 勇気: 壁面音響反射の拡散性と室内音響特性, 日本音響学会研究発表会講演論文集(秋季), 金沢大, pp.765-768, 2006. 9. [招待講演]
[C01] 太刀岡 勇気, 小坂 慶之, 佐久間 哲哉: 拡散係数を導入した幾何音響シミュレーションに関する検討 − 非拡散音場の残響時間の予測 −, 日本音響学会研究発表会講演論文集(春季), 日大(理工), pp.823-824, 2006. 3.

論説・報告
[D11]
太刀岡 勇気: 国際会議ICASSP2018参加報告, 音声言語情報処理研究会, 舘山寺サゴーロイヤルホテル, 2018. 7.
[D10] 太刀岡 勇気: 国際会議ICASSP2015参加報告, 音声言語情報処理研究会, かたくら諏訪湖ホテル, 2015. 7.
[D09] 太刀岡 勇気: オーガナイズドセッション「特徴量抽出器としてのDNN」オーガナイザー, 音声研究会, かたくら諏訪湖ホテル, 2015. 7.
[D08] 太刀岡 勇気: 若手研究者座談会, 音声言語情報処理研究会, 伊勢志摩 合歓の郷ホテル&リゾート, 2015. 2.
[D07] 太刀岡 勇気: 国際会議INTERSPEECH2014, SLT2014参加報告, 音声言語情報処理研究会, 伊勢志摩 合歓の郷ホテル&リゾート, 2015. 2.
[D06] 太刀岡 勇気: オーガナイズドセッション「機械学習研究と音声研究の共通点、相違点」オーガナイザー, 音声研究会, 花巻温泉(ホテル花巻), 2014. 7.
[D05] 太刀岡 勇気: パネルディスカッション「機械学習研究と音声研究の共通点、相違点」司会, 音声研究会, 花巻温泉(ホテル花巻), 2014. 7.
[D04] 太刀岡 勇気: 音声研究の最新動向:ICASSP2014の発表より, 音声言語情報処理研究会, 花巻温泉(ホテル花巻), 2014. 7.
[D03] Y. Tachioka: Discriminative methods for noise robust speech recognition: A CHiME Challenge Benchmark, JHU talk, 2013. 6.
[D02] Y. Tachioka: Discriminative methods for noise robust speech recognition: A CHiME Challenge Benchmark, MIT sls seminar, 2013. 6.
[D01] 太刀岡 勇気: 若手研究者による研究室紹介(三菱電機情報技術総合研究所), 音声研究会, 天童温泉(滝の湯), 2012. 7.

研究会
[E22] 秋田 祐哉, 安藤 厚志, 岡本 拓磨, 小川 厚徳, 神田 直之, 倉田 岳人, 郡山 知樹, 篠崎 隆宏, 高島 遼一, 太刀岡 勇気, 藤本 雅清, 増村 亮: 国際会議ICASSP2018参加報告, 情報処理学会研究報告, SLP-123(2), 舘山寺サゴーロイヤルホテル, pp.1--7, 2018. 7.
[E21] 太刀岡 勇気: NMFと音響モデル併用型DNNに基づく音声区間検出, 情報処理学会研究報告, SLP-123(7), 舘山寺サゴーロイヤルホテル, pp.1--6, 2018. 7.
[E20] 太刀岡 勇気: マルチチャンネルNMFの空間相関行列の安定的な推定法, 電子情報通信学会技術研究報告 117(515), EA2017-103, ホテルミヤヒラ(石垣島), pp.7-12, 2018. 3.
[E19] 太刀岡 勇気: 位相シフトキーイングとしてのバイナリマスク, 第32回SIPシンポジウム資料, マリオス盛岡, pp.245-249, 2017. 11.
[E18] 三浦 伊織, 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 浦本 昂伸, 門田 夏樹, 上ノ原 進吾, 古家 賢一: マルチチャネル非負値行列因子分解を用いた実環境における音声認識, 電子情報通信学会技術研究報告, EA2016-48, 116(302), コンパルホール, pp.1-6, 2016. 11.
[E17] 太刀岡 勇気,渡部 晋治: 音声認識のための再帰的ニューラルネット言語モデルの識別学習, 電子情報通信学会技術研究報告 116(165), SP2016-26, 天童温泉(滝の湯), pp.33-38, 2016. 7.
[E16] 金川 裕紀,太刀岡 勇気,成田 知宏: 基底fMLLRのための効率的な基底選択と重み係数推定法, 電子情報通信学会技術研究報告 116(165), SP2016-21, 天童温泉(滝の湯), pp.7-12, 2016. 7.
[E15] 三浦 伊織, 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 石井 純, 吉山 文教, 上ノ原 進吾, 古家 賢一: マルチチャネルNMFにおける初期値依存性の挙動解析と音声認識での評価, 電子情報通信学会技術研究報告, SP115(523), 別府B-Con Plaza, pp.33-38, 2016. 3.
[E14] 浅見 太一, 大谷 大和, 小川 哲司, 木下 慶介, 倉田 岳人, 齋藤 大輔, 塩田 さやか, 太刀岡 勇気, 中村 静, 増村 亮, 渡部 晋治: 国際会議INTERSPEECH2015参加報告, 情報処理学会研究報告, SLP-110(4), 越中つるぎ温泉・万葉のかくれ里つるぎ恋月, pp.1-5, 2016. 1.
[E13] 太刀岡 勇気,成田 知宏,渡部 晋治,ルルー ジョナトン: 音源定位と音声区間検出の有機的統合 --家庭環境を対象に--, 第30回SIPシンポジウム資料, スパリゾートハワイアンズ, pp.224-229, 2015. 11.
[E12] 岡本 拓磨,小川 哲司,落合 翼,柏木 陽佑,亀岡 弘和,木下 慶介,郡山 知樹,齋藤 大輔,篠崎 隆宏,高木 信二,滝口 哲也,太刀岡 勇気,俵 直弘,橋本 佳,藤本 雅清,松田 繁樹,三村 正人,吉岡 拓也,渡部 晋治: 国際会議ICASSP2015参加報告, 情報処理学会研究報告, SLP-107(3), かたくら諏訪湖ホテル, pp.1-7, 2015. 7.
[E11] 金川 裕紀,太刀岡 勇気,渡部 晋治,石井 純: 回帰木に基づく複数の変換行列を用いた特徴量空間の適応法, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2015-40, かたくら諏訪湖ホテル, pp.25-30, 2015. 7.
[E10] 太刀岡 勇気,渡部 晋治,ルルー ジョナトン,ハーシー ジョン: 低ランクDNNのための識別学習, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2014-39, かたくら諏訪湖ホテル, pp.19-24, 2015. 7.
[E09] 浅見 太一, 岩野 公司, 小川 哲司, 駒谷 和範, 齋藤 大輔, 篠田 浩一, 太刀岡 勇気, 東中 竜一郎, 福田 隆, 増村 亮, 渡部 晋治: 国際会議INTERSPEECH2014,SLT2014参加報告, 情報処理学会研究報告, SLP-105(7), 伊勢志摩 合歓の郷ホテル&リゾート, pp.1-6, 2015. 2.
[E08] 太刀岡 勇気, 成田 知宏, 渡部 晋治: 残響除去手法とシステム統合手法の種々の残響環境に対する有効性: REVERBチャレンジ, 情報処理学会研究報告, SLP-105(6), 伊勢志摩 合歓の郷ホテル&リゾート, pp.1-6, 2015. 2.
[E07] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, J. Le Roux, J. R. Hershey: システム統合を目的とした識別学習の一般的枠組み, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2014-65, 花巻温泉(ホテル花巻), pp.13-18, 2014. 7.
[E06] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, J. Le Roux, J. R. Hershey: システム統合のための音響モデルの識別学習, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2014-15, 日本大(文理), pp.147-152, 2014. 5.
[E05] 太刀岡 勇気: Paricle Swarm Optimizationによる音響反射板の最適設計, 日本音響学会建築音響研究会資料, AA2014-17, 神奈川大(横浜キャンパス), pp.1-8, 2014. 5.
[E04] 太刀岡 勇気, 渡部 晋治, J. Le Roux, J. R. Hershey: 騒音環境に対する識別的アプローチの有効性: 第2回CHiMEチャレンジ, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2013-55, 遠刈田温泉(壮鳳), pp.13-18, 2013. 7.
[E03] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 成田 知宏, 石井 純: 音声と騒音の密度比推定を用いた音声区間検出法, 電子情報通信学会技術研究報告, SP2012-54, 天童温泉(滝の湯), pp.23-28, 2012. 7.
[E02] 太刀岡 勇気, 花沢 利行, 岩崎 知弘: 拡散音場理論に基づく残響環境下音声認識[オーガナイズドセッション:スピーチエンハンスメント], 電子情報通信学会技術研究報告, SP2010-4, 甲南大(神戸・平生セミナーハウス), pp.19-24, 2010. 5.
[E01] 太刀岡 勇気, 安田 洋介, 佐久間 哲哉: CIP法による音場解析, 日本音響学会建築音響研究会資料, AA2007-28, 新潟大, pp.1-8, 2007. 7.

特許
[F13] 太刀岡 勇気: 音声認識装置、音声強調装置、音声認識方法、音声強調方法およびナビゲーションシステム, 特願2017-553538, 再表2017/094121.
[F12] 太刀岡 勇気, 渡部晋治: 音声認識装置および音声認識処理方法, 特願2017-537096, 再表2017/037830.
[F11] 金川 裕紀, 太刀岡 勇気: 音声認識装置, 特願2016-541466, 再表2017/130387.
[F10] 太刀岡 勇気, 渡部晋治: 音声認識装置およびリスコアリング装置, 特願2017-507782, 特表2017-527846.
[F09] 金川 裕紀, 太刀岡 勇気: 音声認識装置、音響モデル学習装置、音声認識方法および音響モデル学習方法, 特願2016-574601, 再表2016/129110, WO2016/021060; 特許第6054004号.
[F08] 太刀岡 勇気: 特徴量分類システム, 特願2016-539787, 再表2016/021060, WO2016/021060; 特許第6095858号.
[F07] 太刀岡 勇気: パターン認識装置およびパターン認識方法, 特願2015-550514, 特表2016-522459(WO2015/022761).
[F06] 太刀岡 勇気: 音源分離装置, 特願2012-237835, 特開2014-089249.
[F05] 太刀岡 勇気: 音声区間検出装置, 特願2012-023136, 特開2013-160938, 特許第5936378号.
[F04] 太刀岡 勇気: 音声区間検出装置, 特願2012-023132, 特開2013-160937, 特許第5936377号.
[F03] 太刀岡 勇気: 超音波距離画像生成装置, 特願2011-230302, 特開2013-088329, 特許第5950534号.
[F02] 太刀岡 勇気: 音源位置推定装置、音源位置推定方法および音源位置推定プログラム, 特願2011-006866, 特開2012-149906.
[F01] 太刀岡 勇気: 残響除去装置, 特願2010-030398, 特開2011-065128 特許第5645419号.

レポート
[repo] 教育実習(国語科)指導案(「「間」の感覚」), 2012年度6月(6/4-6/16).
[repo] 政治力を示す場としての弓場始, 古文書学特殊講義レポート, 2006年度冬学期.
[repo] 大熱容量構造物の非定常伝熱問題, 建築の省エネルギー設計工学プレゼン資料, 2006年夏学期.
[repo] 輸入文化としての身体性, 古文書学特殊講義レポート, 2005年度夏学期.
[repo] 東寺領太良荘, 古文書学特殊講義レポート, 2004年度冬学期.
[repo] 初期道教思想の形成, 中国思想文化史概説レポート, 2004年度夏学期.
[repo] 大陸と日本をつなぐかすがいとしての渤海, 日本史学特殊講義レポート, 2004年度夏学期.
[repo] 軍記物語の時代〜承久記をめぐって〜, 日本史学特殊講義レポート, 2004年度夏学期.
[repo] 価値形態論, テクスト理論レポート, 2002年度夏学期.
[repo] 大逆事件, 日本語テクスト分析Vレポート, 2002年度夏学期.

ソフトウェア
OpenCIP
AcousticRayTracer
壁面拡散を考慮した残響理論計算シート

参加した学会・セミナー

展覧会情報

作成日4/17/08
更新日6/19/18